HI-SPEED & HI-QUALITYプロトのものづくり

Integration of analog and digital

アナログとデジタルの融合
一貫生産

INTEGRATED PRODUCTION

お客様と共につくるmade in Japan

技術力×スピード×提案力×品質保証
諦めていた鋳物を試作から実現する。

新製品の企画・設計・開発の中で最も重要なプロセスに「試作品」があります。 実体化し、求められた機能・可動状況・デザインなどを丹念にチェックし、 不具合や問題、課題を見つけ出すには、試作品は必要不可欠です。 プロトでは、データ作成から製造、検査、測定まで、すべての工程を社内で責任をもって対応しています。
これにより潤滑な生産管理、作業の効率化によるコスト削減、時間短縮による短納期が可能になりました。

Integration of analog and digital

独自工法技術

TECHNOLOGY

独自工法のアルミ鋳造から
加工まで一貫生産

各種工業用部品の製作を専門に行っております。小ロットの試作品だけでなく、量産・アセンブリ
最終製品の量産化までをトータルにカバーいたします。

「試作品や製品そのものではなく、問題を解決する手段が求められている」というコンセプトに基づき、これからも様々なソリューションをご提案してまいります。

業界を知り尽くした
プロフェッショナルが完全サポート
各種工程を専門に担当する「分業体制」を採用!
設計や加工などの各種工程を分業化し、製作内容に応じてラインをフレキシブルに組み換えるなど、工程スピード化・コストダウン化・量産化を常に追及しています。
Proprietary production

スピード/短納期

SPEED

独自の製作手法で、
スピーディーに顧客ニーズに対応
技術スタッフのノウハウと、様々な製作手法の組み合わせ、加工ラインの組み換えなどを駆使して、独自の製作工程を確立。高精度・短納期を実現しました!

工業用試作品を一括でお引き受けすることで
低コスト・短納期・高品質お約束します。

困難な製品精度を実現

Challenge

あらゆる業界の試作部品を高精度で製作可能

難易度の高い試作品にも対応いたします。

多面加工・同時5軸・3軸加工等の難形状
複雑形状の試作部品に対応し製作します。

多面加工や3次元加工を要する、難形状・複雑形状の試作部品に対応いたします。
自動車開発試作部品や発電用インペラ・ポンプ用インペラ等、3次元の複雑構造部品を、高度な技術力と独自のノウハウにより製作します。

品質保証体制

QUALITY

最高水準の測定器で検査

図面に対しての、
寸法精度を保証いたします。

徹底した品質管理を行っています。同型の製品であっても、全ての納品物に成績表を発行いたします。厳しい検査に合格した製品だけをお客様の元へお届けし不具合ゼロを目指します。

Small lot correspondence

小ロット対応

PRODUCTION

最高の製品を最速で一つから

理想の鋳物を最速で形に!
企業様だけに留まらず
個人様からのご注文も承ります。

3Dプリンター方式と独自の鋳造技術で小ロット生産を実現致しました。 コスト低減の実現、最適な材料のご提案を致します。町工場だからこそできる、きめ細やかな対応は、弊社の強みでもあります。

Quality management system

品質マネジメントシステム

品質マネジメントシステム(ISO9001)を取得

安定した製品を製造することで、『満足してもらう製品を提供すること』を目指します。

徹底したPDCAサイクルでエンジンなどの
高性能の試作品に対応いたします。

お客さまと密に接し、あらゆるニーズを正確に把握し、きめ細かな対応を心掛けています。
柔軟な発想を要するものや高度な技術を要するものなど、ひとつひとつの問題解決に全力で取組みます。

チーム制作で実現する
トップマネジメント

製品・サービスの『結果』はもちろんのこと、製品を提供するまでの『プロセス(過程)』を重視し各役割の責任や権限を明確にし、製品の品質方針に基づき、チームリーダーが業務分掌を整えて作業いたします。

設計・開発、サービス開発

顧客ニーズへ対応するために、組織の部署・担当でシステムを運用ルールを作成し、具体的な計画や手順を共有し、アウトソースし、組織全体で管理いたします。
提供する製品を準備・製作・出荷を手順に沿って運用し、顧客の開発を精密な製品でバックアップいたします。

製品のクオリティを守るための方針

製品を安定したクオリティで提供するためのプロセスのチェック体制を整えます。
指標を決めて製品や制作過程を評価し、結果をトップマネジメントに報告し改善、プロセスを見直します。

問題点を明確化し、改善

製品クオリティに不適切な製品やサービスが発生した場合の備えを行います。
処置法と是正処置についての方向性を決め、ミスやトラブルといった不適合に備え、システムをアップデートしていく仕組みを作り、マネジメントシステムを最適化いたします。